アスペルガー 自覚症状

アスペルガーの方の自覚症状を理解しよう!

スポンサーリンク

アスペルガーとは先天性の高機能(自閉症と呼ばれる)、発達に関係する問題でもあります。
アスペルガーを抱える者は他の人間よりも個性が強く、独特さ、難解な口語などがあげられますが、それらの性質、性格は他の人間の脳機能バランスが異なる点が、一つの理由となります。
アスペルガーを抱える者は単独行動や独断を好む傾向は少なくはありませんので、しばしば理解されがたい行動や様子が見られます。
例えば発明や機械改造や芸術センスなどがあげられますが、他の人間と違う事を好むという点は他の人間とは違う物を創造する事が出来ることですから、これは素晴らしいことなのです。
アスペルガーの症状を抱える方は多くはないようです。
しかし彼らも人間であり、様々な者がいらっしゃっいますから、一概に他者に危害を加えたり迷惑をかけるなどの行為をすると偏見を持つべきではありません。
性格も一人一人異なりますから、自覚症状の強い方もいれば、自覚症状を持ちつつある方もいらっしゃるのです。

スポンサーリンク

アスペルガーだから言葉の使い方が分からない、に結び付ける固定観念は少し厳しい概念かもしれません。
実際にはそうとも言い切れず、中には言葉の使い方に気をつける方もいらっしゃるのです。(特に自覚症状を意識している者は言葉に気を使う。)
IQの高い高機能の方も多いのですから、練習や訓練を続けていけばアスペルガーの症状を持っていたとしても良い方向へ変わり、結果を出すことが出来ます。
彼ら彼女らアスペルガーを抱える方も同じ人間ですので、余程の危害を加えられない限りは一般的な固定概念で見ないで欲しい、という意見が正直なところです。
IQが高いという事は自然と不思議な事に、芸術や発明に結び付くのです。
また、IQが高いという事はインテリジェンスにも強く関与しますから、情報に触れて独特の感性や個性を発揮して誰もが真似ができないような企画を作り上げる事も不可能ではありません。
IQが高いことは創造力、想像力が比例していますので、その高い創造力、想像力は信じられないような芸術作品ならびに発明をも生み出してしまうかもしれません。

スポンサーリンク