アスペルガー 女性 子育て

アスペルガー児を持つ女性の子育てへのヒント

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは自閉症スペクトラムの中に含まれる脳の前頭前葉部分が未発達で起こると言われていて、生まれつきの器質的な発達障害と呼ばれているものです。
アスペルガー症候群はコミュニケーション能力や対人関係などで重要とされる感覚の部分が欠如しているなどがあり、生まれつきのものですが、知的障害などはないために周りからは認識されにくく、アスペルガーの症状も十人十色で大まかな分類はされていますが、まだまだ理解をしてもらうのには難しい分野の発達障害であると言われています。
例えば女性の場合、アスペルガーの子育てで子供も親もすごく大変であるにも関わらず、親の子育ての仕方のせいだと位置づけられる場合が多く、子育てをしている女性は悲しい思いや、悔しい思いをする場合が多く見受けられます。
女性よりも男性の方が発症率が高いと言われていますが、もともと男性の方が脳が不完全な生育のまま生まれてくるために多いと言う意見もあるようです。

スポンサーリンク

最近ではアスペルガー症候群を含めた自閉症スペクトラムも研究が進み、幼児検診などでも早い時期に見つけてもらえることが増えてきました。
小さいうちから療育に通って自閉症児を持つ親も子供本人も、いろいろな状況に対処できるようにカリキュラムも組まれていて子育てをする女性にとっても子供にとっても、これから起こりうることにも対処しやすく、またパニックや癇癪などにもおおらかに対応できるようになカリキュラムが行われているようです。
アスペルガー症候群は体の一部が感覚的に敏感であったり、味覚などや聴覚などにも敏感で些細なことにも驚いたり、パニックになったりと困った子供だと言う印象が先立っていますが、アインシュタインやダビンチやエジソンなど天才的な発明品や作品などを残している偉人も数多くいます。
脳の未発達なため女性にとっては子育ても大変ではあるでしょうが、小さなことのこだわりを天才的な部分として伸ばして、未発達で欠如している部分を補うように親子ともども個性であると認識して子育てしていけばいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク