アスペルガー 夫 疲れた

アスペルガーの夫に疲れた場合の対処法

スポンサーリンク

アスペルガーとは生まれつき脳機能に障害が生じている病であり、見た目や知能に異常は見られない為に周囲に気づかれにくいと言った特徴を持ちます。
最近ではこの病に対する認知度も広まりつつあり、アスペルガー症候群に関する情報が溢れかえっています。
アスペルガー症候群の症状とは、人とのコミュニケーションが上手くとれない、会話が噛み合わない、人の感情を理解する事ができない、その場の空気が読めない、拘りや執着心が強い等であり、これらの症状から周囲に少し変わっている人だと言う違和感を感じさせます。
この症状は幼少期から見られる様になり、保育園や学校での集団生活から孤立してしまう事も多く、大人になってからも社会に中々溶け込む事が出来ず生き辛さを感じてしまいます。
そしてアスペルガー症候群だと気付かないまま大人になったと言うケースも多く、結婚後に夫の違和感に気付いた妻が病院の受診をすすめると言ったケースも多いのです。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の夫に対して妻は、結婚生活に疲れたと言う感情を持ち、夫に対するストレスから鬱病を発症するケースも珍しくありません。
アスペルガーの夫に良く見られる症状とは、子供や妻に無関心、自分のやりたい事を何よりも優先する、会話が噛み合わない、妻の表情を読み取る事ができない、感情の共有を行う事ができない、曖昧な表現が通じない等です。
すると妻は夫に愛されていない、自分の存在価値が分からない、結婚生活に疲れた等と言った状況に陥り時に離婚を選択する結果となるのです。
最近では、この病に対する認知度が広がりを見せている事から、結婚後にパートナーの異変に気が付いたと言うケースは珍しくありません。
パートナーの理解できない行動や言動により結婚生活に疲れたと言う場合には、こう言った病が潜んでいる可能性も否定できません。
結婚後に気が付いた場合には、妻がこの病に対する知識をしっかりと身につけ、一つ一つの症状を理解していく事が重要となります。
して欲しい事や嫌な事ははっきりと伝える、曖昧な表現は行わない、何故怒っているのか、どうすれば嬉しいのか等、細かく分かりやすく説明する事で夫に対する不満が徐々に改善されていきます。

スポンサーリンク