アスペルガー 大人 結婚

大人のアスペルガーを理解した結婚生活とは

スポンサーリンク

自閉症の一つであるアスペルガー症候群は、大人も子供も共通の三つの症状があります。
まず、一つ目は他の人との社会的関係を持つことが苦手です。
二つ目は、コミュニケーションが苦手です。
三つめは、創造性と想像力に障害があります。
この三つの分野に障害を持つことで、アスペルガー症候群と診断されます。
子供の場合には、学校での集団行動が困難であったり、大人の場合には結婚してから問題が大きくなったりします。
大人も子供も他の人と一緒にいるときに、どのような振る舞いをするかという社会的関係の築き方や自分の思っていることを相手にどのように伝え、相手の言っていることをどのように理解するかやこだわりの具合などが生活に影響してきます。
しかし、障害のことをしっかり理解してもらうことで、普通に生活をおくることができます。
そのため、集団で行動をする場合などには、アスペルガーであることを自分も周りの人にも理解してもらうことが大切なことです。

スポンサーリンク

アスペルガーと自閉症は、とてもつながりがあります。
しかし、自閉症よりも症状がはっきり表れないこともあります。
話もできるし、勉強も人並み以上にできることも多いです。
そのため、自閉症には見えないことも多いです。
しかし、相手の気持ちを考えることが苦手なので、人の中では浮いてしまうことが多いです。
学校などで浮いてしまっても、一人遊びをしていたりして相手を傷つけることがない場合には問題にはなりません。
そのため、個性的ということで周りが認めてくれ、集団生活の中でも上手に過ごすこともできます。
しかし、そのままアスペルガーであることを自覚しないまま大人になって、結婚してしまうと配偶者と上手くコミュニケーションが取れなくなってしまうこともあります。
そのため、結婚してから問題が起きた場合には、病院などで診断を受けることもおすすめです。
そして、上手く相手と付き合うことができるようなアドバイスを専門家から受けることが大切です。

スポンサーリンク