難治性てんかん 寿命 原因

難治性てんかんの寿命と原因

スポンサーリンク

てんかんという病気があります。
しかしてんかんとひと言で言っても、治りにくいものや治りやすいものに分けることができます。
そのなかで難治性てんかんというものがあります。
これは治りにくいてんかんとして分類されています。
難治性てんかんは薬で発作を抑えることが難しいという特徴があります。
またこの病気は、発症するときの年齢との関係が非常に深くなっています。
小型全般発作や発作の回数が多い、このほかには原因として考えられるものがたくさんあるというような傾向があります。
知能発達の遅れというような症状が現れるようになっています。
早期に発見をし、早期に薬物療法を行うことで、発作の回数を減らすことができます。
また治療法の中では、てんかん以外の病気に対するリハビリテーションが行われるようになっています。
部分てんかんがありますが、この一部も難治性てんかんと呼ばれるようになっています。
これらは治りにくいということになっていますが、必ずしも寿命が短いということではありません。

スポンサーリンク

難治性てんかんはどのような症状があるのかというと、体が硬直したりけいれんが発生するようになっています。
また脱力感があったり異常な感覚が見られるようになっています。
記憶障害が発生したり発作が止まらないということもあります。
2年以上てんかんの治療を行っても発作が止まるということがなく、日常生活に支障を来すというような場合には、難治性てんかんの可能性があります。
原因が気になるところですが、原因は熱性けいれんと考えられています。
これは幼児期に高い熱を出したことが原因で、全身のけいれんや手足の一部などのけいれんを引き起こすこととなっています。
完全に治るということがありませんが、寿命が短くなるということはありません。
手術で脳の一部を切除するというような外科的治療が行われることもありますが、この場合にはほかの脳の機能に影響を与えるというリスクがあります。
したがってこれが寿命を短くしてしまう原因につながることもあります。
手術を行う際には慎重に考えるようにします。

スポンサーリンク