小児てんかん 完治 再発 治療

小児てんかんの再発や完治の確率と治療

スポンサーリンク

子供の病気はたくさんあります。
体が小さくて免疫力がまだ少ないということで、少しのことでも身体に異常が発生してしまうということがあります。
現在では子供の病気としていくつかのものがありますが、その中の一つにてんかんがあります。
てんかんは発作が発生するというのが代表的な症状となっていますが、原因がはっきりとしていません。
遺伝が関係していると考えている人もいます。
そして、てんかんと病院で診断されたときには、治療を受ける必要があります。
この治療の時には薬が使われることが多くなっています。
この薬をしっかりと服用することで、発作を抑えることができるようになっています。
したがって医師の指示にしっかりと従うようにします。
子供の場合には小児てんかんというものがあります。
小児てんかんの発作に関しては、発作をしっかりと抑えて、最終的には薬を服用しなくてもよくなるというのが一番となります。
しかし薬を服用したからといって、発作を完全に抑えることができるということではありません。
すぐに完治させるのが難しくなっています

スポンサーリンク

小児てんかんの場合には、60パーセントから80パーセントで薬によって5年以上発作を抑えることができると考えられています。
完治させるということになります。
これは非常に高い値となっています。
また大人になったときには完治する可能性が高くなっています。
3年以上発作がないという状態で、薬の服用をやめた場合には、発作が再発する確率は次のようになっています。
再発率に関しては、特発性局在というものが関係している場合には約5パーセントとなっています。
しかし再発率に関して潜在性局在が関係しているという場合には、10パーセントとなります。
症候性局在関連てんかんが関係している場合には、もう少し高くなって25パーセントとなります。
このようにいくつかの種類がありますが、最も完治しやすいと考えられているのが、特発性局在となります。
3歳から6歳頃に寝ている間の脳波に発作の波ができるというものです。
病院での診断も比較的わかりやすくなっており、小児失神に関しても治りやすいです。

スポンサーリンク