小児てんかん 完治 免許

小児てんかんの完治と免許

スポンサーリンク

脳に異常が発生したときには、意識障害などを引き起こすことがあります。
したがって日常生活に支障を来すのではないかと考えている人がいます。
しかし現在では医学の発達によって、薬を服用することで病気と上手に付き合っていくことができるようになっています。
脳の病気の中にてんかんというものがあります。
これは大人だけではなく子供にも発症する可能性があります。
子供の場合小児てんかんと呼ばれています。
そこで気になるのは、てんかんは完治するのかということです。
これは治りやすいものと治りにくいものがあります。
薬で発作を抑えることができるようになっていますが、これでも効果がないという場合には、外科的手術が行われるようになっています。
その中で小児てんかんに関しては、治りやすいものとして考えられています。
しっかりと病院を受診し、抗てんかん薬を服用することで発作を発生させることなく生活をすることができます。
また薬だけで発作を抑えることができます。

スポンサーリンク

その結果最終的に薬をのまなくてもいいという状態にまで持って行くことができます。
完治する可能性が高いと考えられています。
小児てんかんに関しては、年齢と共に脳が発達するようになっているので、脳に傷があっても発作が発生しにくくなっていきます。
10人の中で8人から9人は薬をのまなくてもいい状態になります。
これは非常に高い割合となっています。
ここで注意をしなければいけないこともあります。
それは完治しやすいといっても、しっかりと医師の指示に従わなければいけないということです。
大人になってからでは、5年を経過してから服薬に関してしっかりと判断しなければいけません。
気になるのは車の免許です。
車の免許に関しては、発作が発生していない条件をクリアすることができれば、免許を取得したり更新したり再取得をすることができます。
仕事に関しては、危険な作業を伴う場合には検討するようにします。
小児てんかんの場合でも、薬を終了してから再発が全くないということではないので、その点を理解しておきます。

スポンサーリンク