若年性ミオクロニーてんかん 完治

若年性ミオクロニーてんかんは完治する?

スポンサーリンク

意識障害などの発作を繰り返すということがあります。
これは脳の中で異常が発生していると考えることができますが、このような病気てんかんといいます。
これは大人だけではなく子供も発症するようになっています。
誰でも発症の可能性があると考えることができます発作に関しては長い時間見られるということはありません。
短い時間で治まるようになっています。
しかしどこで発作が発生しているかによっては、けがや事故が発生する可能性も高くなります。
てんかんの治療で大切なことは、しっかりと発作をコントロールするということになります。
そこで気になるのは、てんかんという病気は完治させることができるのかということです。
てんかんは神経疾患となっていますが、そのなかでは発症しやすい病気となっています。
1000人に5人から10人という割合で発症すると考えられています。
原因としてはいくつかのことが考えられています。
その中の一つに症候性てんかんがあります。

スポンサーリンク

これは脳に何らかの障害が発生することが原因となっています。
子供が発症するということがありますが、この場合には母親のお腹の中にいるときに脳の中が傷ついてしまったということが考えられます。
子供の場合は若年性ミオクロニーてんかんといわれるようになっています。
若年性ミオクロニーてんかんは、完治する可能性が低い病気と考えられています。
しかし若年性ミオクロニーてんかんは、しっかりと治療を行って発作をコントロールすることで、症状が現れないようになっています。
これは顔や手足というような体の一部や全身が、急に痙攣を引き起こすというようになっています。
筋収縮が発生するようになっていますが、光の刺激によって誘発されることがあります。
3歳から10歳での発症が多くなっています。
小児失神てんかんや良性小児てんかんの場合には予後が良好なものが多くなっています。
しかし若年性ミオクロニーてんかんは、成人までに完治するということはあまりありません。

スポンサーリンク