若年性ミオクロニーてんかん 予後 特徴

若年性ミオクロニーてんかんの予後と特徴

スポンサーリンク

若年性ミオクロニーてんかんというものがあります。
これはどのような特徴があるのかというと、8歳から20歳の頃に発症することが多くなっています。
また若年性ミオクロニーてんかんは、てんかんの中で約4割を占めると考えられています。
どのような特徴があるのかというと、電気ショックを受けたような発作が発生するようになっています。
意識を失うことが多く、全身が痙攣をしたり倒れたりすることもあります。
発作が発生する前に前兆があるというような人もいます。
目の前がぐらっと揺れたような感じになるというようなこともあります。
発作の前兆として頭が重いというようなこともあります。
意識が戻った後は、記憶がなかったり何をしていたのかを思い出すことができないようになっています。
若年性ミオクロニーてんかんの原因としては、睡眠不足や疲労やストレスとなっています。
この他にはアルコールを摂取するということや、過度の光の刺激で発作が誘発されるということもあります。

スポンサーリンク

病院で治療が行われるようになっていますが、治療方法は薬をのむということが基本となります。
脳の神経の興奮を抑えて、発作を予防するというような抗てんかん薬が処方されるようになっています。
これによって予後は非常によいものとなっています。
この他には偏頭痛や興奮なども抑えてくれるようになっているので、非常に予後はいいのです。
薬によって発作を抑えることができるようになっていますが、実際には完治が難しいと考えられています。
したがって薬をのむのをやめてしまうと予後が悪くなります。
すぐに発作が再発してしまうことが多くなっています。
したがってこの病気とは一生付き合っていくというような気持ちで治療を行わなければいけません。
日常生活の中で、何をすれば発作が発生するのかということを理解しておくと、上手に付き合うことができるようになっています。
治療をするということよりも、どのようにして付き合っていくのかということが大切になります。

スポンサーリンク