若年性ミオクロニーてんかん 症状

若年性ミオクロニーてんかんの症状

スポンサーリンク

若年性ミオクロニーてんかんという病気は、8〜20才くらいで発症するものです。
この若年性ミオクロニーてんかんは、突発性てんかんの一種であり約20〜25%を占めています。
症状として、不規則なミオクロニー発作が起きます。
この症状は両腕に強く出て、発作の出かたによっては転倒する危険性もあります。
ここで言うミオクロニー発作とは、全般発作に分類され、けいれん性ではなく、ほとんどの場合で意識障害を伴いません。
症状は顔面や四肢、体幹など身体の一部や全身に、突然筋肉の収縮が見られます。
このような発作は新生児や小児で多く見られます。
また、光の刺激で誘発されることが多いという特徴があります。
発作中の脳波は多棘派と徐波が合わさった、複雑な波形を示します。
若年性ミオクロニーてんかんでは、ミオクロニー発作以外にも強直間代発作や欠神発作を誘発することがあります。
いずれにしても、発作は目覚めて30分から1時間くらいで、抗てんかん薬を服用することで抑えられます。

スポンサーリンク

さて、前述したミオクロニー発作以外の発作ですが、前者である強直間代発作は、意識を失ってしまいます。
また、全身が硬直したり、がくがくとけいれんしたりします。
それに対して後者の欠神発作は、学童期の女の子に多く見られるもので、全般発作の一種です。
けいれんを起こしたり、無表情で何度も瞬きを繰り返したり、行動が停止して一点を見つめ、身体が前に倒れて行きます。
この発作は前兆ががなく、約30秒ほど続きます。
このような色々な種類の発作は、深夜まで起きていて、その後強制的に起こすことで誘発されるため、検査のためにそのようなことをすることがあります。
上記のような様々な発作は、抗てんかん薬を服用することで症状を抑えることが出来ますが、薬を止めたり、薬を減らすことで再発してしまう可能性が多くあります。
抗てんかん薬で症状を抑えることが出来ない場合には、外科治療や食事療法(高脂肪で低たんぱく質、低炭水化物、低糖分の食品が良いです。)も行います。

スポンサーリンク