若年性ミオクロニーてんかん 治療

若年性ミオクロニーてんかんの治療

スポンサーリンク

てんかんという病気は、最近テレビなどでよく紹介されることが多くなっています。
急に発作が発生するようになっているので、周りにいる人はどのような対処をすればいいのかわからないということもあります。
そのなかで若年性ミオクロニーてんかんという病気があります。
若年性ミオクロニーてんかんというのはどのような特徴があるのかというと、8歳から20歳くらいの時に発症することが多くなっています。
ここではミオクロニー発作が発生するというようになっており、これは特発性てんかんの約20パーセントから25パーセントを占めるというように考えられています。
具体的にはどのような症状が現れるようになっているのかというと、不規則なミオクロニーが両方の腕に強く表れるようになっています。
また発作が発生したときには、こけてしまうこともあります。
このようなミオクロニー発作以外には、強直間代発作や失神発作を合併するというようなこともあります。

スポンサーリンク

若年性ミオクロニーてんかんの発作は、それほど長く続くということはありませんが、目覚めてから30分から1時間の間に発生することが多くなっています。
しかし意識障害が発生するということはありません。
日常生活の中でも気をつけなければいけないことがあります。
それは点滅する光によって誘発されるということです。
これを見てミオクロニー発作が発生するということもあります。
治療に関しては薬が使われるようになっています。
抗てんかん薬で治療が行われるようになっており、これで発作を抑えることができます。
しかし薬の量を減らしたりやめてしまうと再発しやすくなっています。
治療に関しては薬で症状を抑えることができますが、完治させることは難しいです。
それは薬を中止すると再発する可能性が高いと考えられているからです。
したがって薬と上手に付き合っていくということが大切になります。
発作が減ったからといって自分で薬の量を減らさないようにします。

スポンサーリンク