てんかん 遺伝 兄弟 原因

てんかんの遺伝の原因と兄弟、2人目が欲しい時

スポンサーリンク

脳に関する疾患はたくさんあります。
脳に異常が発生するということで、日常生活に支障が出ないのかと非常に心配になります。
しかし最近では医学が発達しているということで、さまざまな治療法が発見されています。
したがって日常生活に支障がなく過ごすことができることが多くなっています。
脳の病気の中にてんかんというものがあります。
これは脳の疾患となっていますが、体のどのような症状が現れるようになっているのかというと、けいれんが発生したり一時的に意識を失ってしまうというようなことがあります。
子供だけではなく大人でも発症するようになっています。
てんかんの患者に関しては、100人に1人の割合と考えられています。
どのような人でも発症する可能性があるのです。
原因としてはさまざまなことが考えられています。
頭を強く打ち付けたときに脳に傷ができたということが関係していることもあります。
この他には先天性のものが関係しているということもあります。

スポンサーリンク

先天性のものと聞いたときに、てんかんが遺伝するのではないかと考えている人がいます。
しかしこれが全くないということはいえません。
乳児期や思春期や成人の時期にかけて発症することが多くなっている病気なので、自分の子供がてんかんの場合には、子供の兄弟に遺伝するのではないか?と非常に心配になる人がいます。
子供が乳児期に発症をし、2人目を考えたときに兄弟で遺伝するのではないかと悩んでしまう人も少なくありません。
しかし兄弟のことを考えなければいけないほど、深刻に考えなければいけない病気ではありません。
てんかんの原因としていくつかのことが考えられていますが、脳に傷ができたことが原因となっている場合には、遺伝する確率はほとんどないと考えられています。
他のことが原因となっていても、遺伝する確率が高いということはありません。
てんかんの体質があり、そこに何らかの要因が加わって発症するというようになっているので、それほど深刻になる必要はありません。

スポンサーリンク