てんかん 遺伝 確率

てんかんが遺伝する確率

スポンサーリンク

自動車運転事故などでてんかんという病気がクローズアップされ、その知名度も高くなりました。
しかしこの病気の原因や治療法については、まだ一般的にそれほど理解されていません。
例えばてんかんは遺伝が原因であると考える人は少なくありませんが、実際のところ遺伝する確率は多少はあるものの、それほど高くないということが判明しています。
またてんかんを発症する原因には、ケガによる脳の傷や脳血管系の病気があるということもあまり知られていません。
ケガや脳血管系の病気が原因の場合は、遺伝の確率はほぼゼロです。
そしてたとえ親類の中に発症しやすい体質の人がいるとしても、自分が必ず発症するとは限りませんので、この病気のことで悲観することは全くありません。
反対に親類の中にてんかんを患った人がいなくても、ケガや脳に異常があることで発症する可能性があることを知っておくべきで、発作や変わった症状など異変を感じたら、すぐに病院で診てもらう必要があります。

スポンサーリンク

ところでてんかんは子供の頃に発症するケースが多く、それが大人になっても完治されないことがあります。
子供の頃に発症する原因には、出産時の脳障害や生まれた時の仮死状態であったことによるものの他、乳幼児の時に脳に細菌が入り込んで髄膜炎や脳炎などを発症したことが考えられます。
このような原因があっても、最初のうちは子供が順調に育っているように見えるので、あまり気づかれることはありません。
ところがある程度子供が成長してから、突然発作が出るといったケースがあり、その確率は高いと言われています。
てんかんは大人になっても発作で悩まされることがあることから、そのために就職できなかったり、治療薬を服用することで妊娠・出産ができないと思い込んでいる人も多いようです。
しかし就職時には会社に事前に伝えることでそれを受け入れてくれる会社もありますし、かかりつけのお医者さんに相談して薬の服用をうまくコントロールすれば、妊娠・出産も可能で胎児への障害リスクも回避することができるのです。

スポンサーリンク