小児難治性てんかん 寿命

小児難治性てんかんの寿命

スポンサーリンク

子供の病気としてさまざまなものがあります。
そのなかで比較的治りにくい病気というものもいくつかあります。
このような治りにくい病気の中に、小児難治性てんかんというものがあります。
てんかんというのは発作が現れるようになっていますが、小児難治性てんかんというのは、薬でその発作を抑えることが難しい病気となっています。
またこの病気は発症年齢との関係性が非常に深くなっています。
原因としてはさまざまなことが考えられています。
部分てんかんの場合には手術によって治療が行われていることもあります。
ここで大切なことは、脳の中のどの部分が問題となっているのかということを、しっかりと調べることになります。
小児難治性てんかんとは、正確な診断や慎重にモニターされた治療にもかかわらず、この目的の達成ができない発作のことになります。
危険因子としては次のようなものがあります。
それは生後6ヶ月未満の発症や、基礎疾患を有するものとなります。

スポンサーリンク

この病気と診断されたときには、その寿命が気になります。
基本的にてんかんと診断されたからといって寿命が短くなるということはありません。
命に関わるというような症状が現れるのではなく、基本的に意識を失ったり発作が発生して痙攣を引き起こすというような症状が見られます。
したがって寿命が短くなるということはありません。
しかし発作が発生したときには注意をしなければいけないことがあります。
安全なところで発作が発生するのであれば、それほど心配する必要がありませんが、これが車を運転していたり、高所での作業を行っているということになると、死亡してしまうという危険性も考えられています。
したがって薬をしっかりと服用して、発作をコントロールする必要があります。
しかし難治性てんかんの場合には薬でコントロールすることが難しくなっているので、手術が検討されるようになっています。
手術の際には、他の部分に影響が出ないかをしっかりと考えるようにします。

スポンサーリンク