老人性てんかん 病院 治療 薬 副作用

老人性てんかんの病院での治療と薬の副作用

スポンサーリンク

高齢になってからもさまざまな病気を発症することが多くなっています。
抵抗力が弱くなってくるということも原因の一つとなっていますが、このほかには体の機能も衰えてくるということが原因と考えられています。
そのなかで脳に関する病気も多くなっています。
脳に関する病気はたくさんありますが、そのなかにてんかんがあります。
高齢になってから発症するてんかんに関しては、老人性てんかんと呼ばれるようになっています。
老人性てんかんの治療に関しては、他のてんかんと同じように薬が使われるようになっています。
抗てんかん薬が中心です。
これは一般的なてんかん薬と同じですが、老人性てんかんの場合には、この薬による治療効果が高いという特徴があります。
したがって少ない量でも大きな効果を期待することができます。
抗てんかん薬によって長期間の治療を行う中で、治療効果が低下するということもありません。
したがって症状が見られるというようなときには、病院を受診するようにします。

スポンサーリンク

高齢者の場合は注意をしなければいけないことがあります。
それは病院で処方された薬でも、副作用を発症させる可能性が高くなっているということです。
したがって薬をのむときには少ない量から少しずつ増やしていくということが大切になります。
また薬を選ぶときにも注意が必要となります。
それはてんかんの発作の種類を見極めるということも大切ですが、それ以外に合併する病気やその病気の治療のために病院から処方されている薬とのかねあいなどを考えるようにします。
ここでは副作用が少なく、現在のんでいる薬との相性が悪くないようなものを選ぶ必要があります。
高齢者の場合には、初めての発作があった後の再発率が高くなっているという特徴があります。
また併用をしている薬との薬剤相互作用には十分に注意をする必要があります。
したがって病院を受診するときには、現在服用している薬を一緒に持って行くようにします。
腎機能障害や肝機能障害があるという場合には、薬の作用に注意をします。

スポンサーリンク