てんかん 症状 暴れる 治療

てんかんの暴れる症状と治療

スポンサーリンク

けいれんする病気は必ずしもてんかんとは限りません。
よく似ている症状だとしてもてんかん発作と関連のある発作とは全く異なってくる場合もあります。
突然けいれんしてしまったのでけいれんだと思って病院を受診するケースも多いですが、紛らわしい症状や病気は非常に多くあります。
その病気に合う治療を行うことが最も大切なことですが、よく似ている症状の病気は多くあるために、医師が誤った診断や疑問に納得することができる答えが返ってこない場合もあります。
けいれんがない症状だとしてもてんかんと紛らわしい病気があったり、これをどのように判断していくかによって薬の効果がなかったり、いつまで経っても治らないといった不安が大きくなってきます。
本人も自分の暴れるなどの発作の原因が何かがわからずに様々な体の不調をてんかんだと思い込んでしまうことも少なくはありません。
しっかりとした診断を行いには問診を行うことが非常に重要になってきます。

スポンサーリンク

全般性けいれんが起きてしまうことによって普段ではあり得ないほどの激しい動きをしたり、全身を突っ張らせて暴れるといった症状が起きることがあります。
発作中は凄い力によって全身を使って暴れることもあるので、発作が治まった後には筋肉痛になっていることもあります。
また、てんかんによって泡を吹くといった症状も出ることがあります。
必ずしも泡を吹くというわけではなく、全般性けいれんの発作後に呼吸停止によって口にたまっていた唾液が泡となって強く吹出されるために泡を吹きます。
てんかんの薬は種類が非常に多くどれがその人に合う薬なのかを選ぶ基準としては、発作型と分類によってガイドラインに沿いながら選択していくことになります。
それぞれの薬には特徴があり、きちんと選択する必要があります。
最初の薬で効果がない場合には、別の薬に変更していくことになります。
薬が決定するまでに時間がかかってしまいますが、その人に合う薬を選ぶことはとても大切です。

スポンサーリンク