adhd 幼児期 特徴

幼児期のadhdの特徴は行動にある

スポンサーリンク

注意欠陥・多動性障害となるadhdは、集中力が著しく乏しく、注意する持続時間が健全者と比較した場合に短かいなどの症状が現れ、患者数も学齢期の小児の約5%から10%がadhdであり、特に男子の患者数が女子よりも多い傾向にあります。
幼児期に徴候の多くが気付かれ、症状が明らかになる学齢期までに障害の有無が明確となります。
特徴の1つには年齢不相応な衝動性が見受けられ、多動を伴う幼児もおり、脳の障害であるため、生まれた時から発症するケースや10代頃まで症状が現れにくいケースなど、現在のadhdの特徴は様変わりしています。
これまで、注意を持続させることが困難となる意味合いの障害とされていた病名も、こうした観点から多動性障害も加えられるようになり、動き回る幼児をはじめ、衝動的に行動する幼児もおり、障害を患う数も年々増加傾向に向いています。
もちろん、周囲のケアや対処などにも国や医療業界を中心に邁進し、サポートを心掛ける教育施設等も増えています。

スポンサーリンク

幼児期のadhdの主な特徴として、第一に注意力の維持・集中力・作業持続性に著しく問題が見受けられる点を挙げることができ、動き回り過ぎる行動などが挙げられています。
特に就学前の小児の場合には、不安を察知しやすくなるためにコミュニケーション能力や人との関わり方などに問題を生じやすくなり、上手く行動することが難しいのも特徴となります。
幼児期である後期頃には、バタバタと落ち着きなく手足を動かす行動を取ることや、唐突あるいは衝動的に話し出すことも多々見受けられます。
ですが、障害を患う小児全般に言える特徴となるのが、攻撃的な行動に移ることがない点もあり、気性の荒さは見受けられないのも障害のポイントと言われています。
ソワソワとした行動は正常な時期の誇張された症状に過ぎないケースもあり、情動障害や脳機能の異常などの原因によって生じる場合もあるため、医療機関においての診断にも慎重さが求められていますし、携わる周囲の発症者への対応などにも現在努める配慮がされている障害となります。

スポンサーリンク