てんかん 検査 費用

てんかん検査にかかる費用

スポンサーリンク

てんかんは脳の病気です。
大脳の神経細胞が過剰に活動することで激しい電気的な興奮が起き、けいれんや意識障害をひきおこす慢性疾患です。
てんかんは年齢や性別に関係なく誰にでも発症する可能性のある病気です。
小児期で発病し数年に一度程度の発作をおこしたものの大人になれば完治するという良性の突発性てんかんがある一方、頻繁に発作を起こしさまざまな脳機能障害が進行してしまう症候性てんかんもあり、重症度はひとそれぞれです。
しかしながら多くの患者は抗てんかん薬の服用で発作を抑え、通常の生活に支障をきたすことなく行動することが可能となります。
また薬で発作が抑えられない場合でも、良性の脳腫瘍などのはっきりとした他の原因が見つかった場合は手術で完治をめざすことが可能となっています。
発作が起きる前段階の症状として、手が勝手にぴくぴく動く、光がチカチカして見えるなどがあります。
しかし突然体の力がぬけてばたんと倒れてしまったり、全身痙攣を起こすなどの発作もあります。

スポンサーリンク

こういった症状が見られた場合はすぐに専門医に相談し検査が必要になります。
この病気は長期間服用を必要とすることが多いので、初期検査で本当にてんかんなのか、他に原因となる病変がないか慎重に見極めたうえで、長期的な治療の見通しを立てることが重要です。
検査は基本的に脳波とMRIをとります。
長時間の脳は検査やMRIなどで入院が必要になる場合もあります。
保健適応になるため、費用はそれほど高額にはなりません。
手術が必要な場合は、やはり費用が掛かってしまいます。
脳の手術になりますので、検査入院から手術を受けて1〜2か月程度の入院が必要になります。
健康保険限度額適用認定証の手続きを行います。
入院になると検査・手術代はもとより、部屋の差額ベッド代や衣服代、食事代がかかりますので費用はかかってしまいますが、とても効果があります。
発作で倒れてしまったりすることは、日常生活を送るうえで不安であり、大きな心の負担になります。
早めに診断をうけ的確な治療をすることで発作を抑えることが出来るため症状がみえたらすぐに診察をうけることをおすすめします。

スポンサーリンク