てんかん 仕事 働く

てんかんでも仕事を見つけて働くことはできる?

スポンサーリンク

てんかんという持病がある人の中には、急に発作が起こるために周囲に迷惑がかかり、仕事をすることが難しいと考えている人も少なくありません。
しかしたとえてんかんであっても、自分に適した仕事を見つけて働くことは可能です。
てんかんはいったん発作が出ると強いひきつけやけいれんを発症し、たとえ仕事中でも倒れてしまいます。
一度経験した人の場合、このような発作が起これば普通に働くことが無理だということで諦めてしまう傾向にあります。
しかしてんかんであっても働く必要がありますし、普段発作さえ起きなければ日常生活に何ら問題はありません。
ただ危険な作業や機械類、自動車などの運転の場合は、発作が起きると大変危険ですので、そのような仕事を除くと選ぶ範囲は多少は狭まるかもしれません。
しかしスキルを身に付けていて何かに貢献したいという人は、積極的に就職活動をして職場を見つけて働いている人は結構います。
また良い職場に恵まれれば周囲の人も理解して、サポートをしてもらえることもあるのです。

スポンサーリンク

てんかんはいったん発症してしまえば、完治するのは非常に難しい病気だと言われています。
しかし病気とうまく付き合うことで、日々の生活を充実させることはできます。
就職で面接する際、病気を隠して面接する人もあるようですが、そのようなことは避けるべきで、正直に伝えることで受け入れて対処してくれる会社かどうかを見極めることができます。
また最近ではうつ病などの精神病や若年認知症を患っている人でも、仕事を続けてもらっていたり、あるいは受け入れている会社はありますし、てんかんの人でも働ける環境を整えている会社も探せばあります。
大切なことは自分の病気を隠すことなく、理解してもらうよう努力することなのです。
そして会社が受け入れてくれたからといって背伸びをし過ぎず、自分ができる仕事を忠実にこなすことが、その会社への貢献に一番役立つことになります。
そのためには体調不良で発作をできるだけ起こさないよう、普段から睡眠不足やストレスをため過ぎないなど、自分の身体をしっかり自己管理しておくことも必要です。

スポンサーリンク