側頭葉てんかん 前兆

側頭葉てんかんの前兆

スポンサーリンク

てんかんという脳の病気があります。
これはいくつかのことが原因となっていますが、急に補佐が発生して意識を失ってしまうということもあるので、注意が必要となります。
危険な作業をすることはできるだけ避け、車の運転をするということもできるだけ避けるようにします。
いつ発作が発生するかわからないからです。
治療に関しては薬で発作を抑えるという形になっていますが、特効薬というものはありません。
側頭葉てんかんという病気があります。
側頭葉てんかんの発作症状は次のようになっています。
側頭葉てんかんは複雑部分発作と呼ばれています。
したがって非常に珍しいもので、あまり慣れていないという人はてんかんではないと考える人もいます。
ノイローゼのような症状と診断されることもあります。
しかしこのなかでも基本的な症状があります。
それは前兆として次のような所から始まります。
ここでは前兆として状腹部の不快感があります。
この他の前兆としては虚空をじっと見つめるということがあります。

スポンサーリンク

この他に発作の前に見られる症状としては、顔がチアノーゼによって青くなってしまうということがあります。
口をぺちゃぺちゃと音を鳴らして動かしたり、舌を鳴らすというような日常生活ではあまりない行動をすることがあります。
これらは自動症となります。
またあまり意味のない言葉を発するということもあります。
何も質問をされていないのに答えたり、その場と関係のない言葉を発するということがあります。
急に歩き出して徘徊をするというようなこともあります。
このような前兆があって発作が発生するようになっています。
発作の時間に関しては、1分から2分と短くなっています。
その後5分から6分程度意識がもうろうとした状態となります。
そして回復をします。
本人は発作の前兆と意識がもうろうとしている部分に関しては記憶があることが多いです。
しかし発作が発生しているときのことはほとんど覚えていません。
しかしこのときには名前を呼ぶと返事をすることがあります。

スポンサーリンク