てんかん 手術 後遺症 治療

てんかんの治療手術後の後遺症

スポンサーリンク

てんかんという病気についてよく知っている人はあまりいませんが、どのような病気なのでしょうか。
脳が電気信号を伝達しているということは有名です。
この電気信号を伝達する時に活動が激しくなるなどの乱れが起きることによって、精神的または身体的に症状が表れます。
突発的に発症するこの病気は実は10万人に300人程度が引き起こすので、病気としては比較的多い方だと言えるでしょう。
次に具体的な症状について見てみましょう。
症状には軽度のものから重度のものまで様々で、痙攣を起こすことが多く意識を失うこともあります。
この発作が連続して起きると呼吸不全を起こし、最悪の場合命を落としてしまいます。
発作は睡眠不足の時に多くなるので予防のためにも7時間程度は睡眠時間を確保すると良いでしょう。
またてんかんは珍しくない病気であることは述べましたが、年齢にも制限がなく子供から大人まで誰にでも発症する危険があることが特徴です。
危険な病気なので病院に行くことは必須で、治療法について医者としっかり話し合いましょう。

スポンサーリンク

てんかんを発症した場合治療を行いますが、その方法にもいくつかの種類があります。
一般的には薬を使った治療を行いますが、場合によっては手術を行うという選択も必要です。
例として薬による治療で効果が得られない場合や、頻繁に発作が起こることで日常生活への影響が大きい場合などが挙げられます。
手術を行う前には脳波について長時間の検査を行い、発作の状態などについて調べて可能かどうか判断しなければいけません。
もし手術による治療が必要であるとなった場合、一番気になるのは後遺症などのリスクではないでしょうか。
てんかんの手術は脳神経外科の手術の中でも比較的安全と言えます。
リスクが全くないわけではありませんが、死亡率は1%未満で失語などの重い後遺症が残る確率もかなり低いです。
成功した場合の後遺症としては、食事などの時に若干の痛みが伴うことが挙げられます。
手術で一度筋肉を剥がすので、その影響による痛みです。
しかしこの後遺症も時間と共に薄れていくのでほとんど問題ないでしょう。
不安な人もそうでない人も事前の医師との相談が大切です。

スポンサーリンク