てんかん 薬 やめる

てんかんの薬をやめるためには

スポンサーリンク

てんかんという病気があります。
これは急に発作が発生して意識を失ってしまうというような症状が現れます。
体がけいれんをするというような症状も現れるようになっています。
しかしこれらの症状に関しては個人差があるので、実際に発作が発生したときにどのような症状が現れているのかを、しっかりと把握しておくことが必要になります。
てんかんと病院で診断されたときには、しっかりと治療を行う必要があります。
しかし根本的に治療をすることが難しくなっています。
したがって治療に関しては、抗てんかん薬を継続的に服用するという形となります。
この薬は発作を防いで、日常生活に支障が出ないようにするということが目的となっています。
したがっていつまで服用しなければいけないのかということは、状態によって異なっています。
これは医師の診断に従うようにします。
しかし発作が3年程度発生することがなく、脳波の検査で問題がなければやめるかどうかを考えることができます。

スポンサーリンク

子供の場合には、体の成長と一緒に脳が変化していくというようになっているので、薬をやめることができる可能性が高くなっています。
最終的に薬をやめる生活をする可能性が高くなっていますが、再発する可能性もあるので、様子を見ながら見当するようにします。
また薬に関しては、急にすべてをやめるということはできません。
少しずつ量を減らして最終的に飲むのをやめるという形となっています。
そのためには次のようなことに注意をしなければいけません。
それは規則正しい生活を送って、ストレスをため込まないように心がけることが大切になります。
子供のてんかんの場合には、大人になるまでに治ることが多くなっています。
したがって病院でしっかりとした治療を受けていく中で、悪化するというのが少なくなっています。
てんかんは脳の病気ということになりますが、必ずしも治らないということではありません。
しかし大人の場合には薬をやめることが難しくなっています。

スポンサーリンク