てんかん 入院期間

てんかんの入院期間

スポンサーリンク

てんかんは脳が起こす発作の症状です。
基本的に普段は普通の人と同じように生活を送ることができます。
ですが、ある日突然てんかんの発作痙攣や意識を失うなどの症状を起こします。
これは脳が異常に興奮し、許容範囲を超えた際に起きる症状で、どういった際に起きるのかは個人差があります。
特に症状も人それぞれで、軽い痙攣で済む人もいますが、中には意識を失い、泡をふいて痙攣を起こす人もいます。
発作の種類として、全身の痙攣発作、先ほども話した通りで意識を失い、痙攣を起こします。
人によって痙攣を起こしてから意識を失う人もいますが、てんかんを起こすと大半の人がこういった症状を起こします。
次に体一部の痙攣発作、欠伸発作があります。
欠伸発作はこどもの人に多く起き、意識は失わないものの動作が急に止まったり、意識がもうろうとしてぼーっとしたりします。
このほかに複雑部分発作というものがあり、この症状は意識がもうろうしたり、意味のない行動をしたりと同じ現象を何度も繰り返す症状です。

スポンサーリンク

本題としての入院期間はてんかんの発作の大きさに決まります。
てんかんの発作が大きい、つまり発作の度合いが大きい人は大体40日くらいの入院になります。
ですが逆に発作が軽いものである人は入院することはないです。
定期的な検診で済むことが多いです。
これは医師による判断により決定されるので、軽いから大丈夫と思わずに医師の話に耳を傾け真剣に向き合ってください。
また先ほどいった発作の度合いを測る検査もあります。
てんかんの持病を持つ人は、健康な人とは違い、特定の音、光の点滅などの外部からのストレスに過剰に反応を示します。
そういった反応が脳波に出て、どれくらいの症状の強さ、つまりどのくらいの度合いなのかを知ることができます。
療法も薬物治療なので、体に大きく負担がかかるわけでもありません。
薬の量は症状のレベルに合わせた量になるので、ここも個人差があります。
入院期間は大体の期間です。
実際の入院期間は短かかったり、長かったりするかもしれません。

スポンサーリンク