adhd 遺伝 確率

adhdは遺伝の確率が高い

スポンサーリンク

adhdは、遺伝する確率は極めて高いとされ、遺伝の可能性が否定できない研究結果も発表されています。
adhdは、脳内の神経インパルスを伝える神経伝達物質の異常によって生じていることが研究により判明されているものの、原因は未だにはっきり解明されていないのも実情です。
遺伝の確率では両親ともに注意欠陥・多動性障害である場合、その子供が同じ障害を患う確率は最低で20%程度とされ、兄弟や姉妹が同じ障害を患う場合、その他の兄弟や姉妹が患う確率は25%から35%程度の研究結果が発表されています。
現在、原因究明を進めており、最も有力となるのが脳の物質の異常にあり、健全者の脳内では興奮した際に出る物質や安心した際に出る物質が様々に泌されるていものの、注意欠陥・多動性障害となるadhdの子供の場合には、興奮した際に出る神経伝達物質に異常が見受けられるために、衝動的な行動や静止した行動が取れない、注意力が著しく乏しくなるなどの症状を招きやすくなります。
この症状に関わるとされている遺伝子の数も、研究によって約20個確認されており、脳研究が現在も進められています。

スポンサーリンク

また、神経伝達物質系の異常をはじめ、前頭葉の機能異常も見受けられるのも特徴であり、遺伝子が関係していても、育て方をはじめとする性格などの関係性は極めて低く、注意欠陥・多動性障害と診断された子供であっても社会生活を送ることは十分に可能です。
症状にも軽症から重症まで幅があり、特定の環境下をはじめ、規約が生じる環境下では社会生活を妨げてしまうケースもあるため、近年では症状に応じた環境が用意されるなど、障害を受け入れる体制が徐々に整っています。
またadhdの発症例では、食品添加物や砂糖などの食から発症させている可能性が指摘されていますが、その多くが生まれつきで発症していることから、食品や環境的要因が原因では発症することがないと解明されています。
学習障害が特に見受けられる障害となり、約80%の割合で学力問題が指摘されています。
課題は乱雑で間違いが多く、1つのことに集中できないため、障害の影響を最小限に留めるためにスケジュールに基づく生活などが家庭や学校などで重要視されています。

スポンサーリンク