頭 痙攣 原因

頭が痙攣する原因

スポンサーリンク

てんかんの発作を引き起こしてと荒れるというようなことがあります。
これは最近テレビなどでも大きく取り上げられるようになっていますが、てんかんとはどのような病気となっているのかが気になります。
人間の脳は、神経細胞がたくさんあります。
この神経細胞は規則的なリズムによって電気的な活動を行っています。
しかしこの電気的な活動が乱れてしまうことがあります。
このときに脳の中で過剰な電気運動が発生して痙攣を引き起こすことがあります。
その結果精神的だけではなく身体的にも体にさまざまな症状が現れるようになっています。
これは慢性の脳の病気となっています。
てんかんとは頭の中で発生している痙攣などの神経症状のことになります。
発症は急に現れるようになっています。
またこの病気を持っているという人は非常に多くなっています。
人口10万人あたり200人から300人であると考えられています。
決して珍しい病気ではありません。
年齢に関係なく発症することがあります。

スポンサーリンク

頭の中で痙攣が発生するというてんかんの原因となっているのは、人によってさまざまです。
原因不明のこともありますが、原因不明のものを突発性転換と呼んでいます。
外傷や感染や炎症、この他には腫瘍や脳血管障害などが関係しているというものは症候性てんかんと呼ばれています。
子供だけではなく高齢者まで実に幅広い年齢で発症するようになっています。
子供の場合には生後から2歳までの間、そして思春期の頃に多く発症するようになっています。
頭の中で異常が発生するというようになっていますが、基本的な症状は全身発作ということになります。
これは急に意識を失うようになっています。
そして倒れたり全身性の痙攣が発生するようになっています。
これは大発作といわれるものとなっています。
舌をかんだり尿失禁や眼球上転、呼吸困難などの症状が見られることがあります。
しかし5秒から15秒程度の短い意識消失発作が見られることもあります。
これは小発作といいます。

スポンサーリンク