脳波異常 原因

脳波異常の原因

スポンサーリンク

頭が痛いというような症状を感じることがあります。
またあまりにも症状が改善しないというようなときには、病院を受診することがあります。
このときには何か異常がないかどうかの検査が行われるようになっています。
MRIや血液検査や脳波検査などが行われるようになっていますが、ここで脳波異常が発見されることがあります。
脳波異常と聞くと大きな病気が関係しているのではないかと非常に気になってしまいます。
頭痛との関係があるとも考えられていますが、脳波異常の原因はいくつか考えられています。
脳に大きな腫瘍ができているというようなときや、脳卒中の跡があるというような場合には、脳波に異常が発見されるようになっています。
このような変化に関しては、MRIでわかるようになっています。
また脳波が関係している病気の代表的な門尾は、てんかんとなります。
てんかんにはいくつかの種類があります。
先天的てんかんというものがありますが、これ以外に脳の病気の後遺症となって現れる後天的てんかんもあります。

スポンサーリンク

後天的てんかんに関しては、脳波の検査を行うことで、ここで特徴的な波を確認することができると、それが診断の決め手となっています。
このように脳波に異常があるという場合の原因としてはてんかんが考えられています。
この他の原因として考えられているものに片頭痛があります。
これはてんかんとは別の病気となっていますが、共通する部分もあります。
片頭痛は血管が広がるという病気となっています。
原因としては、血管運動神経の命令が乱れているということが考えられています。
しかしまだはっきりとしていません。
てんかんは脳の細胞から異常な命令が出されることで、けいれんなどの発作が発生するようになっています。
したがって共通する部分もあります。
片頭痛で脳波に異常が見られるということがありますが、てんかんのように強い異常波は出ないようになっています。
また片頭痛ではすべての場合でこのような異常脳波が出るということはありません。
これをしっかりと理解しておきます。

スポンサーリンク