てんかん 発作 死亡率

てんかんの発作と死亡率の割合

スポンサーリンク

みなさんは、てんかんという病気をご存じでしょうか。
てんかんとは、日常生活をしていて急に痙攣などの発作症状が起きて倒れてしまう状態です。
いつ急に、てんかんの発作が現れるか誰にも予測ができないため、時と場合によってはとても危険な事になります。
立ったままこの症状がでると、意識を失って倒れて周りの障害物などに頭をぶつけて死亡してしまう事もあるのです。
この様に、とても危険なので死亡率も低くはありません。
日常、自分一人で生活していて、この症状がでると周りは誰も助けてもらえないので、そのまま発見が遅れて死亡してしまうケースも少なくありません。
もし、発作が一度でも出てしまった方は、日常生活を一人で送るのではなく、常に周りに誰かを連れて助けてもらえるように行動をしたほうが良いです。
現在は、インターネット社会なので、インターネットを使用して自分で、症状を調べてどういった対処法があるのかを調べてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

自分で調べることで、自分自身の身を守るだけではなく周りの人にも迷惑をかけずに済むことに繋がります。
また、インターネット上では、全国の同じ症状を持った人達が会話できる掲示板などもあり、年々の死亡率の割合も記載されています。
このように、自分で知識をつけることで一人一人がしっかりと自分をコントロールできるようになれば、死亡率も下がってくるでしょう。
現在の治療では、原因不明の症状が多いので完治させることは難しいですので、今後の医学の発展に期待するしかありません。
自分の感情のコントロールが難しい場合にも、てんかんの発作がでる割合もとても高くなります。
常に、平常心を持って日常生活を送ることを心がけてください。
そうすれば、徐々にこの症状がでるペースが減ってきたり、症状が治まる場合もあるのです。
ぜひ、この症状と戦っている人は、前向きな気持ちで日常生活を送ってください。
ずっと症状がでなければ、自分に自信も持てて毎日が楽しく過ごせるはずです。

スポンサーリンク