てんかん 自律神経 発作

てんかんと自律神経の発作

スポンサーリンク

普通に生活をしている中で、急に発作が発生するということがあります。
いくつかの病気でこのような症状が見られるようになっていますが、その中の一つにてんかんという病気があります。
ここにはさまざまな種類の発作の症状が見られるようになっています。
その中の一つに自律神経が関係しているものがあります。
人間の中には自律神経という部分がありますが、これには次のような特徴があります。
それは手や足などを動かすための運動神経であったり、感覚や痛みなどを感じるための感覚神経などがあります。
これらの働きがあるので、人間は内臓の働きを調整することができるようになっています。
てんかんでは発作の症状が現れるようになっています。
このなかで自律神経発作というものがあります。
湿疹や部分的なものがありますが、瞳孔が開いたり唾液が出たり、この他には鳥肌が立つというような症状が現れるようになっています。
また失禁をするというような症状が現れることもあります。

スポンサーリンク

これらはすべて神経が関係しているのです。
これは電気活動が神経の働きと同じように働くようになっているので、大きく関係しているということになります。
これが体にさまざまな影響を与えています。
てんかんの発作に関しては特徴があります。
それは繰り返し発生するということです。
したがっていつどのような形で現れるのかということがわかりません。
治療をしっかりと行うということが大切になりますが、治療に関しては薬を服用するようになっています。
抗てんかん薬を服用するようになっていますが、この薬でさまざまな症状を抑えることができます。
一番効果があるのはけいれんを抑えるということになります。
最近では新しい薬も使うことができるようになっています。
したがってそのなかで副作用が少ないものも多くなっています。
症状が現れたときには、周りにいる人がしっかりと観察することが大切になります。
体の一部がけいれんしているのか、全体がけいれんしているのかというように観察するようにします。

スポンサーリンク