アスペルガー 性別違和 特徴

アスペルガー症候群の性別違和の特徴とは?

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは発達障害の一種です。
特徴としては、他人とのコミュニケーションが上手く出来なかったり、ある一つのものや何らかの習慣に異常なほどの興味を示したり、頑なにこだわりを持つことが挙げられます。
また自分が何者であるかという認識が曖昧であり、全般的な対人交流が満足に出来ないという特徴もあります。
その他にも不可思議な仕草を繰り返したりする特徴も挙げられます。
アスペルガー症候群の人は発達障害とは言っても知的障害ではありません。
認知力や自己管理能力、対人関係以外の行動に異常は見られません。
そもそもアスペルガー症候群という障害は、診断するのが非常に難しいものです。
医師によって見解が分かれることもしばしばです。
これはアスペルガー症候群の概念がはっきりしなかったり、決定的な治療方法が見つかっていないからです。
そんな発達障害では、しばしば性別違和という特徴が現れることがあります。
性別違和とは生まれ持った性別と、本人が感じている性別の間に違和感を感じている状態です。

スポンサーリンク

健常者に比べて、アスペルガー症候群の人の方が性別違和発症率は高いと言われています。
その背景にあるのは、自身のアイデンティティを明確に捉える能力の欠如であり、自分自身の性質や特徴を常に疑っていることに起因します。
このような自己に対する疑惑が性別に向けられた場合に、性別違和が現れます。
身体的特徴や戸籍の性別が自分には適合していないと感じる点で、アスペルガー症候群の性別違和は性同一性障害と混同されることがよくあります。
しかし両者には明確な違いがあります。
例えば前者では男性として生まれたにも関わらず、男性と上手く付き合えないという理由で、自分が男であるということを受け入れられません。
しかしだからと言って、女性になりたいという願望はありません。
これに対して後者は、自分は生物学的な性別とは反対であると感じ、逆の性別になることを望みます。
このようにアスペルガー症候群では自身の性別に疑問を抱く性別違和という症状が出ることがあります。
このような場合には、単にアスペルガー症候群だけでなく性別違和に関してもケアをして行くことが大切です。

スポンサーリンク