アスペルガー 幼稚園 特徴 性格

アスペルガーの子供の幼稚園での性格や特徴

スポンサーリンク

幼稚園で皆と一緒に同じことが出来なくて、いつも一人違うことをしている子供もいます。
もしかしたら、それは性格だと思っていたら、発達障害のひとつであるアスペルガーかもしれません。
アスペルガーの子供は、他の子供への関心もなく、関わりを持たずに何か限定されたものへの執着が大変強い特徴があります。
ただ、知的障害や言語障害があるわけではないので、皆と同じ行動ができないのは性格が少し変わった子供、しつけができていないなどと思われてしまうケースもあるようです。
その為、親も自分の子供が幼稚園での集団行動が苦手なのは、性格だと思って、そのうち皆と同じに出来るようになるだろうと様子をみてしまう場合もあるようです。
その為、アスペルガーだと気づくのが遅れることはよくあることです。
アスペルガーは性格ではなく、先天的な脳の障害ですので急に治ることはなく、特徴や行動を理解することが何より大切です。
もしかしたら、と思ったら幼稚園に相談するのではなく、地域の相談センターや病院の小児神経科を受診してみると良さそうです。

スポンサーリンク

今までは、変わった行動や言動も個性的な性格だと思っていたのが、病院を受診して、アスペルガーだと診断された親は、これからの育て方でどのようにしたら良いのか悩む方がほとんどです。
ただ、親や周囲の人がアスペルガーの特徴を理解して接することで、親も本人も落ち着いて日常に起こることを捉えることができそうです。
アスペルガーは、その方の障害の度合いによっても、年代によって特徴の現れ方に違いがあります。
幼稚園の時期には幼稚園の先生も含め、親や周囲がどのように接すれば良いのかを知っておくと良さそうです。
アスペルガーの方の中には、優れた能力を開花させて、特徴を活かし社会で活躍している方々も沢山いらっしゃいます。
できない部分を無理に治そうとするのではなく、興味のあるものを伸ばすようにしていくと様々な可能性が広がるようです。
今、子供を幼稚園に通わせている親御さんで、子供が人とのコミュニケーションが苦手でいつも一人で違うことをしていたり、相手の気持ちを考えずにストレートに言ってはいけないことを口にするなどの子供の言動や特徴が気になっていたら、性格だから、と片付けずに早めに相談する場所や医師を見つけて下さい。

スポンサーリンク